• 探していたスタイルがきっとある、
    こだわる男のトラディショナルアイテム。
  • GINCHO

×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1

予約でお店をあける訳


僕の名刺には

「予約でお店を開けます」と書いています。

それは何故かといいますと

営業時間は、こちらの都合でしかないと思うからです。

僕は

カッコ良くなりたい。

服にこだわりを持ちたい。

という人の為にお店をやっています。

そういう人が、僕の設定した営業時間でどうしても来られないなら

本来の意味を達成していません。

そういう人の為にやっているので、そういう人の為に予約を受け付けます。


そういう人は、熱が違います。

僕にとっては、特別な人です。

ちゃんと、対応したいな。と思います。

予約で他の人に邪魔されず、みっちり対応したいのです。


なので、ご予約お待ちしております。


GINCHO樫村宏治郎


ご予約お待ちしております。
 

2018-12-06 11:12:38

コメント(0)

印象的なお客様 2018/11/24

昨日、素敵だなぁ。というお客様が来られました。

年は70歳は超えているだろうというご夫婦でした。

ご主人さんは、ネルシャツにアスコットタイ、レジメンタルカラーのクルーネックセーター

起毛素材のブラウンパンツにモカシン靴。という

あー。そりゃ、うちのお店気になりますよね。というスタイルで

この年齢で、これができる。これをする。ということ自体で

僕は、勝手に嬉しくなる感じです。

そうこうしているうちに、ウールのニットタイをお求め頂いて

いざ、お会計。となったときに、ずっと黙っておられた奥様が

”私が払うわよ”と旦那さんに一言。

どうしたのかなぁ。と思ったら

”今日のこれ(手に下げたCOACHの紙袋)、この人が買ってくれたの。

欲しいって、話したことはあったけど、すっかり私も忘れててね。

でも、嬉しいじゃない? だから、お返しにするの。 財布は同じなのにね”

っていうんですよね。

グッときますよね。

僕の カッコつけない。という事。普通という事。 に本当にぴったり当てはまるな。

と思ったのでした。

カッコいいから、カッコいい恰好が普通なんだな。

こんな人が、スーッと入ってきてくれるお店で、本当にうれしいな。と思うのです。

良い、一日です。


GINCHO樫村宏治郎








 

2018-11-24 09:44:17

コメント(0)

嬉しかったこと。


僕の仕入れのコンセプトとして”ちゃんと決める”というのがあります。

どういうことかといいますと

この商品は、何歳くらいの男の人で、身長がこれくらいで、体格はこうで

子供は何歳くらいで、寒いのが苦手で、、、とかそんな風に

そういう人にこの商品を着てほしいな。

そういう人が、この商品に出会うと、ピッタリくるだろうな。

と思って仕入れています。

昨日、嬉しいことに ”まさに、貴方っ!”という方が来られて

「これ、どうですか?僕、貴方にこれ似合うと思うんですよ。」と言いたくて

タイミングを計りかねていたんです。

あー。違うの見てるなー。 でも、それもそれでありだなぁ。などと思っていたら

その方、ちょうど思ってた商品のところでパシッと掴まれたように立ち止まって

奥さんと、これ、いいんじゃない??と話し始めたんですよね。

もうね。嬉しくなっちゃって。

「あの。わかります?これ、僕の思った通りの人なんですよね。」

「で、実は、おすすめしたいサイズがないのは分かっているんですけど」

「着てみるだけ、着てみませんか?気に入って下されば、在庫の有無は別ですけど」

「再仕入れしてみますから。が一つの理由で」

「こっちの理由が大きいんですけど、僕がこれを着た貴方をちょっと見てみたい」

「自分のコンセプトがあっているのかを見てみたい」


じゃあ。と着て下さったんですけど

『あー。言ってることわかります』

『着れるけど、も少し、大きくても良いですね』

『でも、これほんと、肌触り良いですね』


「ありがとうございます。言いたいことは言えたので、あとは好きに店内見てください」

「ご相談がありましたら、お話しください」

でしばらくゆっくりしてもらってたら


『これ、お願いします。僕が痩せます』って言って下さって。


もう、嬉しくて。

自分の着て欲しいな。と思う人が、僕がお話しする前から気づいてくださって

そして、その服を着るために努力してくれる。

こんな服屋冥利に尽きることはないな。と思った瞬間でした。


嬉しかったことでした。


GINCHO樫村宏治郎


 

2018-11-12 04:49:31

コメント(0)

印象的な出来事。

先日の印象的な出来事。

おしゃれなお客様に会いました。

百発百中ではないにしろ、大枠として

その方がどういう人なのか。というのをある程度分かるようになってきました。

“声をかけて欲しい人、欲しくない人”とか

“見た目のおしゃれ感重視、着心地重視”とか

先日は

“あ。自信を持ってる人だ。”というのが伝わるおしゃれ感の人で

見るもの、手に取るものに一貫性があって、好きな感じなんです。

気に入って下さったものが、そう。それ。貴方みたいな人にって思ってましたよ。

というもので。その、決めるまでの過程。

話しかけられて、合いの手はうちますが、一切。何の説明もしなかったんです。

分かっていると思ったからです。説明したとしても

そんなことはわかっとるよ。といわれるだろうな。と思うんですね。

分かってないと、そういう順番でそんな風に商品は見れない見かたをするからです。

で。

「兄さん、やっぱり、行きつくとこに行って、僕は嬉しいですよ。」

『兄さんちゃうがな、爺さんやろ(笑)』

「いや、兄さんで。僕の接客、あれで良かったでしょ?

兄さんに何か言っても、だめでしょ?僕が似合ってるとか言っても響かんでしょ?」

『あー。響かんなー』

「そう、僕はしょせんは店員ですからね。どうせ、そう言うよね。と思われたらどこまでもそうなりすからね」

「でも、それ、僕はおススメしたかったですよ。そして、何も言ってないのに、そこに行きつくから、やっぱり、兄さんオシャレやな。と思います。」

「今日、僕の思う、あなたへの最高の接客は、黙ってあなたを信じる。ってことでしたよ」

「僕は嬉しいですよ。」 という仕事ができました。



その日の僕は、こんな格好。

2018-11-10 19:06:34

コメント(0)

おしゃれって。楽しそう。ってこと。

基本的に、どんなに流行りの恰好をしてたって、暗い顔してたら、良い感じやなぁ。

とはならないように思うんです。

最初、僕が『あんまり、外見上は似合ってないな』と思っても、その人さえ

その服を着てて、上機嫌になるんであれば、それは必ず“似合うもの”へと変わります。

最初にそれを勧められずに、申し訳ありません。と反省するほどです。

外見上に合ってるのに、気持ちが落ちる服。なんて、意味がないし、暗い顔されてて、良い感じやなぁ。とならない。
 

僕は、悩んでいる人に“一日おいて考えてみては?”と声をかけます。

気に入っているけど、いろんな事情や考え方が背後にあって、決めきれないんです。

買ったはいいけど、禍根を残すかもしれない状況だと

その後ウキウキできる服になるのか心配です。

禍根ができても、飲み込む決心をした服は、かなり良い服になります。

同じ服でも、絶対に変わってくると思います。そんな服を売りたいなと思っています。

オシャレを高める最高のスパイスは“この服着たいなぁ!”という気持ちが何よりです。

「この服、めっちゃ気に入ってん!」その恰好が素敵ではなく

そういう気持ちにさせた服が、その時、その人の表情そのものが素敵なんです。

そういう服にいきつく。そんな仕事をしたいな。 と思って今日もここに居ます。

 
〒760-0029 香川県高松市丸亀町1-1 087-851-6435
セレクトショップGINCHO 樫村宏治郎<2018.8.19>


 

2018-11-10 12:48:26

コメント(0)

カッコつけない。という事。普通という事。

僕の扱う服はカッコいいですか。普通ですか。

僕は、普通だね。と言ってもらいたい。

でも、この普通がここにしかないんだよね。って言ってもらいたい。

そんな気持ちで、今日の商品をご用意しています。

 
イチローさんとか、松下幸之助さんとか、数多くのトップを走る人って

もう、それが普通になっているな。と思うのです。 普通のレベルが高いだけ。
 
僕の服も、そういう人の普通の服。として存在したい。

カッコつけない。だから、カッコいい。

 
正直、そういう人は何したってカッコいいし、僕のお店じゃなくても良い。

でも、そういう人に選ばれるお店でありたい。

 
僕の服は、そういう人のカッコ良さを、ダイレクトに表現するだけ。それが僕の仕事。

僕の服でカッコ良くなるんじゃない。

僕の服は、カッコいい人を、無駄なく表現したい服です。

そういう人の為に、最低限の品質とこだわりは持っています。



〒760-0029 香川県高松市丸亀町1-1 087-851-6435
セレクトショップGINCHO 樫村宏治郎<2018.7.7>
 

2018-11-10 12:47:09

コメント(0)

大好きなお客様の事。

ちょうど、この店をオープンしたばかりの頃におじいさんがスーツを買いに来ました。

僕は本当に、申し訳ないことなのですが

昔の事を思い出した、痴呆の方だと思ってしまって、家族の人に連絡をとりました

“あの人、好きなだけやけん、好きなようにさせて。”と電話口の方に言われ

電話を切った時に

「あのな。僕よ。俺は喫茶店に行くためにスーツが欲しいの。心配せんでええ」といわれたのでした。

その時の衝撃は今でも忘れません。


着るものに意味を持たせること。

意味のあることに着るものを選ぶこと。 その考えの豊かさ。

年齢も、環境も全く関係ありません。買う買わないなどは、後回しです。

そういうお客様は話してて本当に楽しいのです。

そういうお客様が一息付けられるお店でありたいと、今日もオープンしています。

そういう事をしたいと思い、相談して下されば、僕は真剣に考えます。

そんな方に来てもらい続けられるお店であろうと思います。

大好きなお客様が今日もくるんだ。

そう、思ってお店を開けたいな。その為に働いてるんだ。と思って過ごしたいのです。


〒760-0029 香川県高松市丸亀町1-1 087-851-6435
セレクトショップGINCHO 樫村宏治郎<2018.6.23>
 

 

2018-11-10 12:40:29

コメント(0)

お客様に会いたいという事。

僕は、買う、買わないに関わらず 春夏秋冬、一度はお客様のお顔を見たいなぁ。と思っております。

せめて、3か月に一度、お会いしませんか。

人と違う恰好をすることを“おしゃれ”とせず、自分の気分にピッタリ寄り添うスタイルを続けられることを“おしゃれ”だと思っています

その為に、季節ごとに一度お顔を見て、昨年買って頂いたあの商品をそろそろ出して下さいね。とか

あのままで飽きてこられましたら、代わりにこれをワードローブに点して下さいね。 全体が変わりますから。とか

そんな話ができればいいな。と思っております。

新作を見るだけで、新しい感性を持てますしね。

オシャレはTPOです。この服さえきれば、大丈夫。ではなく

同じ色でも、素材が変われば、着る季節が変わり

同じ服でも、洗い立てと、そうでないものは当然、違うと思うんです。

お客様とお話しすることで、よりご自身のライフスタイルに合ったものをご紹介できれば、良いなと思っています。

僕の服をきて、気分が良くなることを願って、対応し続けたいと思います。

ぜひ、また、お会いしましょう。

〒760-0029  香川県高松市丸亀町1-1  
087-851-6435 
セレクトショップGINCHO 樫村宏治郎<2018.5.19>

<これは、ご来店のお客様にお渡ししているお手紙の写しです。>
<一度、読んでみるかどうか、お伺いしてお渡しするようにしております>


 

2018-11-10 12:39:03

コメント(0)

送料改定のご説明

2018.3.1から本格的に新しいページになります。

それに伴い、送料が改訂されます。

ご利用したいお客様に対しましてはご負担をかけることとなります。

大変心苦しいのですが

北海道、沖縄を除き、全国一律で1000円(税込み)(北海道、沖縄は2000円)(離島は別途中継料)

という設定で、今まで1万円以上お買い上げでで送料無料であったり、地域によって、価格が変わったりをやめております。

その経緯のご説明を致します。

 

《1.送料が値上がりしている事》

今までの地域別の価格設定よりも昨年12月より価格が上がっており

ざっくり言いますと

四国、中国地方は600円~750円、他は800円~1000円という金額です。

 

《2.今まではカード払いの際は送料をご負担頂いている事。》

今までは1万円以上のお買い上げで送料無料としておりましたが

カード払いはその手数料負担がつらい為に、送料は別でご負担頂いておりました。

ネット販売の場合ほとんどがカード払いで、送料を頂いておりましたので

カード払いの方にのみ負担させることはなくなると思いました。

 

《3.わかりやすさという事》

気に入って頂けた商品の税込み金額と1000円でご自宅までお届けします。

というわかりやすさの方が良いかと思いました。

なので、代引き手数料は廃止しました。

振込手数料は購入価格や、使う銀行で変動してややこしいので

振込手数料はご負担頂く事にしました。

 

《4.送料のほかにも梱包材や梱包作業がある事》

今までは送料分のみを1万円以下の場合、ご負担頂いておりましたが

一つを納得する形に梱包することに早くて15分はかかります。

また、梱包材代もありますので、正式には1000円では送料以上ですが

一気にまとめて1000円という設定にしました。

 

《5.ちゃんと貰うべきものは貰おうという事》

ネットで送料を無料にするという事は

送料分値引きをして販売しているのと同義です。

ご来店してくださるお客様には

『送料○○かかるはずでしたので、その分引きますね』

とするべきですが、それをしておりません。

ご来店のお手間が省ける分、ご負担頂ければ幸いです。

 

こういった経緯を考えて、送料を一律1000円と致しました。(北海道、沖縄は2000円)(離島は別途中継料)

何卒。よろしくお願いいたします。

 

 

GINCHO樫村宏治郎

2018-09-03 18:24:56

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1