• 探していたスタイルがきっとある、
    こだわる男のトラディショナルアイテム。
  • GINCHO

×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
HOME»  ブログ記事一覧»  こうなりたいな。って話を少し。

こうなりたいな。って話を少し。

こうなりたいな。って話を少し。

休みの日には、ちょくちょく行くおうどん屋さんに

初めて”お昼時”に行ったんです。

そしたら

カンテラ回ってないし、のれん出てないしで

んーー??と思いつつ

この日、この時間で開いてないってことあるかな?

張り紙だけでもみてこか。って店の前まで行ったら、お客さんいっぱいで



「フライングのお客さんでテンヤワンヤ」ってことが瞬間分かって


そーっと入って、スーッと相席して。

誰も何も言わんのね。

厨房、一生懸命回してるんが分かるから。

だまーって、待ってるのね。

そしたら、連絡受けたらしく

遅番の人が来て、ささーっと看板、のれん出して、お店をいつもの顔にして


注文してない人を、雰囲気で察して、取っていくけど

本当の順番なんて分からないから、アベコベになるんですけど、誰も何も言わんのね。



でも、別にええやん。ちょっとくらい。って感じが居心地いい。

その間も、ドンドンくるけど、いっぱいさに圧倒されて帰ろうしたら

誰かお客さんが

「俺、もうでるーー!すぐあけるから!。待っとき。」って言うのね。


なんか、もう、最高やな。って思った。

この店、最高やな。って。

いっそがしいのに、水変えてくれるし。
(水、くださいなんて、この状況で言うわけない)
(言いにくいのが、わかるだけに、欲しそうな人を見逃さない)
(素敵や)



お客さんからお店に対する圧倒的な愛情。

お店からお客さんに対する圧倒的な愛情。


こんな風になりたいな。って話しでした。 


2019.9.10火

 

2019-09-10 18:17:32

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント