• 探していたスタイルがきっとある、
    こだわる男のトラディショナルアイテム。
  • GINCHO

×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
HOME»  ブログ記事一覧»  感動したこと。1

感動したこと。1

感動したこと。1

 

いつもは暇な店内ですが、なぜか、お客様が重なる時は、すごく重なります。

一人でお店をしている時の残念ポイント。

 

正直、お客様からしたら、もっと残念ポイントです。

聞きたい時に聞けないし

せっかく来たのに。ってなりますからね。

申し訳ない事です。

 

先日も先客がいる中で

後からの人が

あ、この人、すごく聞きたそう。って事がありました。

 

どうすることもできなくて

アイコンタクトでしてたんです。

 

そしたら、向こうも

オーケーオーケー!

でも、ちょっと、これだけっ!

って事で、ちょちょちょっと説明して

後は見てて。で済んでたんです。

 

僕としては、売ったら終わり。としたくないので

レジが終わって、外まで一緒に行きたいんですね。

せっかく話し聞いてくれて、買ってくれて、ありがたいし、嬉しいから、なんか名残り惜しいんですよね。

 

僕がそういう気持ちがあることは、当然初対面の人は知らないので、待ってくれてる方は

レジが済んだ途端に、ハイ私の番。となるんです。

そりゃそうです。

向こうも、ジリジリ待ってるわけですから。

 

でも、そのアイコンタクトの人は

 

僕が、お待たせしました。って行くまで、待ってくれたんです。

 

先客を最後まで見届けて

すみません。待たせてしまいました。って話に行くと 


良いんだよ。

でさ、これ。違うサイズある?とか

でさ、これ。もっと着丈長いのない?とか

でさ、これ、男もん?とか

でさ、これ、チクチクするから、綿素材でないかな?とか

メチャ分かりやすく、何が欲しいか。を伝えてくれるし

そんなに整理されてるってことは、ちゃんと商品見てくれてる訳で

すっごい嬉しい。


 

でさ。

総括すると、

タタタタッと走ってって、これ!じゃない?って提案したら

ワンダホー〜!って。
 

 

レジの時、待ってて良かった。とか

良い買い物できた。とか

言ってくれてさ。

 

嬉しいんだけど

 

僕は言ったさ。

 


今回の事はね、すごいの僕じゃないよ。って。

 

手が回らないのを、察して引いてくれる事とか

待ってる間も、ちゃんと商品見てくれてる事とか

僕の性格尊重してくれてる事とか

 

そういう事、なかったら

この商品に行き着かなかったよ。

 

だからね、これは、僕じゃないの。

あなたが凄いの。

 

当たり前のことを、当たり前として

やってのけた、あなたが凄いの。

 

僕は、ありきたりの言葉でしか

お礼は言えないけど

感動してるよ。

 

ほんと、ありがとうね。

 

って。

 

僕はね、思い出す度に、嬉しい。

 

上海の人でした。

 

凄い素敵だ。

 

凄い、素敵だ。 

 

 

2019-11-22 15:02:24

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント