• 探していたスタイルがきっとある、
    こだわる男のトラディショナルアイテム。
  • GINCHO

×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
HOME»  ブログ記事一覧»  2020.12.31 幸せについて。

2020.12.31 幸せについて。

2020.12.31 幸せについて。

年を越す。
という一つの節目の瞬間です。

でも、思うのです。
本当の節目ではない。

時は流れ、季節は過ぎ
行く川の流れは絶えずして
しかももとの水にあらず。

毎日が節目で
毎日が転機で
毎日が本番

ずっと練習していたら
ふとコツを掴む瞬間がある。
上手くなりたいと
ずっと練習しているから掴める。

落ちる林檎をみて
重力に気づくように
何の前触れもなく
ヒントを得るときがある。
ずっと考えているから
それがヒントだと気づく。

本当の節目とはこういうことだと思う。

それはかけがえのない
自分で掴み取った確かな瞬間。
素晴らしい瞬間。

2021.1.1 00:00
これは節目じゃない。

人生はそんなこととは無縁に進む。

毎日が節目で転機で本番。
突き詰めると今がそう。

転機、節目、本番は
真剣な人にだけくる。

本当にかけがえのない
素晴らしい瞬間。

おしゃれと一緒。
新年は節目です。
たしかにそう。
でも本当の節目は人それぞれ違う。
これがお洒落な着こなしです。
たしかにそう。
でも本当のお洒落は人それぞれ違う。

ふと、気づいた事がある。
寒い日、暖房にあたって
あー幸せやー。って聞いた時、

それは幸せとはちゃうで?と思った。
暖房にあたって気持ちが良い。
それは快適と言う。
それよりも
寒い日安心した場所で暖房にあたれるという、この状況。
これこそが幸せ。

快適だったら幸せ
と錯覚してしまってた。
良い大学入って、良い会社入って
休みが多くて、給料良い。
勝ち組。
そんな事をいってた。

でも勝ち組と言いつつ
幸せ組。と僕たちは言わなかった。
本当はみんな分かってたんじゃないか。
快適がそのまま幸せとは言えないと。

僕は、僕のもとに来てくださる方を
幸せにしたい。
別に安く売るわけでなし
格別なサービスがあるわけでもない。
それでも、僕に来てくださる方を幸せにしたい。
僕にしかできないことがある。

あなたに、あなたの幸せの転機を。
この服を着た時、思い出し勇気が湧く服を。
この服を着た時、自信の湧く服を。
この服を着た時、これが良いんだと思える服を。

お洒落より大切なこと。
あなたの幸せ。

単なるおしゃれを超えていく。
結果としておしゃれになっていく。
誰も真似のできない
あなただけのおしゃれを提案するんだ。僕は。

僕は、あなたの幸せの為に服を売る。
お洒落の為に服を売らない。
にも関わらず
勝手におしゃれにしてしまってやる!

安いと幸せか。
簡単にできるお洒落が幸せか。

問いかけて、考えて
あなたが幸せになれるような
そんな服屋になる。

こんな臭いことは
普通の日に書けない。

年越しという、無味無臭な
ステレオタイプな節目も
こう使えばいいんだな笑

今年もありがとうございます。
来年もよろしくお願いします。

あなたを幸せにして
僕も幸せになる。

いつでも、電話かけてきて良いよ。

GINCHO樫村宏治郎

.
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
〒760-0029
香川県高松市丸亀町1-1
087-851-6435
セレクトショップGINCHO
https://www.van-gincho.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 

2021-01-04 11:29:13

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント