20180314-0928セレクトショップGINCHOの店長

20180314-0928セレクトショップGINCHOの店長

20180314-0928セレクトショップGINCHOの店長

今日は結構暖かいです。高松。
お気に入りのローゲージのコットンセーターの出番がとうとう来ましたね。

昨日フラーっとご来店のお客様で
『車ン中は暖かいからと思ったら、外出たら寒いんじゃわー。』と春用のアイテムを探している様子。
パパパっとこれが良いですよ。と揃えて
「一応、アウターメインの紹介なので、合わせたシャツとかセーターは、もう、持ってそうなもので出しました。」
「このコーディネートでって意味ではなくて、家にある、これに似たものがあれば合いますよって意味ですからね。」
とお話ししたら
『いや、どうせ買うなら、まとめて買うわ。』
「いや、そんな一気に買わんで良いです。その代わり、春夏秋冬年四回。一度ご来店下さい。都度、手持ちが活きるものを一つ提案しますから」
とやり取り。
『ていうか、この店こんなんあったかー?前来た時、なかったで?』
「ん?前っていつですか?さらに言えば、僕初めてお会いした気でいるんですけど。」
『そらそうや。ふらっときて、ないな。と思って帰ったからな』
「あー。なるほど。ちなみに、この提案はあなたをイメージしてますから、こうやって相談して下さるからできることです」
「その時もお話しできたら、もしかしたら今と同じようになったかもしれませんね。」
『ん!わかった。とりあえず、最初の店やから、他見てなかったらまたくるな』
「ええ。では、またその時に」

2時間後

『きたでー。あれ、出して。買うわ』
「ありがとうございます。でも、試着してないんで、一度は試着してください」
『もう、ええんちゃうの?合うと思てるんやろ?』
「はい。思ってるだけです。計算上は合います。けど、求める着心地とかは僕にはわかりません」
「僕が合うと思ってても、ゆったりが好きな人、ピッタリが好きな人。いろいろですから。着て、納得して。どうぞ」
『ほんまや、これ、もっちょい緩いんある?』
「はい。どうぞ」
『おお。こっちがええわ。』
「なにより」

というお客様に会えました。
他のお店と比べて、その人の中ではトップをとれたこととか
色々話をちゃんと聞いてくれたこととか、嬉しい一場面でした。


ページ上部へ
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • 会員・メルマガ登録